日常生活起った徒然事を記録しています
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ムカシバナシ
2007年11月25日 (日) | 編集 |
3連休は、相方がずっと仕事。昨日の夜に漫画喫茶行っただけでしたw「有閑倶楽部」読み耽り。
うう、この漫画欲しくなってしまってヤバイ・・・。

唐突に昔話なぞ。

3年弱だけど、本当にいろんな出会いと別れがありました。思えば、いろんな感情の行き違いで人間関係が崩れるのを、ほうぼうで何度も見て来たような。時間が経てば、それ程怒る事だったかな?と疑問に思うこともあるし、逆に憎悪が増すこともあるようです。人それぞれ、状況によりけり、でしょう。でも、私はノミの心臓なので、そういう争いは出来ないし、見ているのもつらいです。ひどくもつれてしまった感情は、修復しても完全な形に戻らないのです。絡んだ糸に、クセが残って曲がってしまうのと同じで。

オンラインゲームは、いつかは去っていく日が来ます。多くの人を見送って来たけど、こういう終わり方が、今も昔も一番悲しい。誰が悪いわけでもない。そんな気分になってしまう私が一番悪いのです。そういう感情のもつれやすれ違いを見るのが、私の巡り合わせなんだろうか・・・。

透漆が気付けば3000個溜まってます。消化するだけの鳳尾竹を採る必要があります。対話しながら掘ってました。話は、昔の話になりました。

本願寺に居た頃は拘っていたけれど、2度目の滅亡と共に何人かの先達が引退してからは、それ程拘らなくなりました。どうしようもなく惰弱な国から、引き分けが取れるようになり、少しずつだけど、勝てるようになって・・・。そういうところまで国を持っていくまで、蔭で頑張ってきた人がいたのです。そういう人たちが、好きでした。心から尊敬していました。だから、最弱といわれていた本願寺の、苦しい合戦も頑張って来れました。
敵国・摂津和泉を船で超え、稲葉への出方や徒党の組み方を教えてくれたのは、滅亡で雑賀に身を寄せていた本願寺の仏門僧さんでした。2回目に滅亡する間際、ひたすら国力上げをやり、合戦で転生や修理のサポートをやっていたのは、雑賀から本願寺へ移籍した鍛冶屋さんでした。毎日蚕まゆ取りから絹作成をやっておられました。私もほぼ毎日、陰陽と僧でお手伝いしていました。「もう、これがこのゲームで唯一の生きがいのようなものです。」の言葉が悲し過ぎて、画面を見ながら泣いていた事も。この人の守らんとしてたものを私も守りたかったけれど、敢無く滅亡。現実と同じで、頑張りが反映されぬ事もあるものです・・・。
他には、よく一緒にいた軍学侍(&神主)さん。いろいろな話をしたり、PLやってもらったり、狩り行ったり・・・。それも楽しかった。発売日組の彼からは、様々な事を教わりました。いろいろと、切ない話も聞きました。時間を忘れて話をして、気付けば朝になってしまった事もありました。順番なんてつけてはいけないけれど、彼が一番私を理解してくれた友人でしょう。この人と出会えたことが、大きな宝物である事は間違いありません。
そうした人たちが、国が消えるのと同時に全て居なくなりました。私が本願寺に居る理由はそこで無くなってしまった、という事です。

その後雑賀衆に移籍しましたが、とある出来事で嫌気が差して出奔。身分知行を捨て、気ままな浪人になって、鈴鹿峠、関ヶ原に小牧山と、あちこちの合戦出てみたり・・・。国を問わず良い人というのは何処にでも少なからずいるもので、どこの合戦場でも厚意を頂きました。頭につけてる旗印で人を見ることの愚かさをはっきりと認識したのは、この頃かも知れません。
以来、旗の元で戦うという理念は無くなりました。好きな友人達の頑張る姿が見られるなら、どこでも良い、そんな感じ。

風に吹かれて転がる真菰の様に転々として、今は東のほうにいます。沢山の人がいる国です。親しい人はほとんど出来なかったけど、それでも幾人かは友人と呼べる人が出来ました。尊敬する人も、出来ました。正確に数言うと、2人だけ、ですが・・・。馴染みにくい私の性格もあるのでしょうが、長く続いているこのMMORPGで、新しい友人を見つけるのは非常に難しい気がします。既に人間関係が出来上がってますから。大国ほどその傾向が強いという事が、この国に来て良くわかりました。
でも、上記本願寺の鍛冶さんと、ここで出会った方がもともとは上杉家の出身で知人同士だったというのはちょっと驚き。人は面白い所で、繋がっているものですね。

その人が、合戦場で頑張ってる姿を見るのが好きでした。時々、頑張りすぎかな?走り過ぎかな?と思うこともあったけど。
私自身は、戦果も要らない、マゲも要らないです。友人が頑張るのを見ているのが好きだし、助けになる何かが出来れば、それだけが嬉しいのです。献身的な援軍の方を飛ばしたく無いから転生や与生気、足止めに。それで誰かが助かってくれるならそれでいい。これは、今も昔も変わらない私の合戦参戦スタンス。どこの国でも同じです。だから、「頑張っている友人」が居なくなったらもう、そこで戦う意味は私には無いのです。他に誰かいれば頑張れるけど、親しい人はもういなくなるのですから、戦う理由が見いだせない。

今は、この国で頑張る事は、できません・・・。

軍学侍さんが、「(私は)巣の様に安心出来る場所を探しているのかもね。」と言ってくれた事があります。多分そうなのでしょう。現実の私は、伴侶を得て、落ち着いた暮らしを送る事が出来て、幸せです。地位も名誉も財産も無いけど、好きな人の為に家事をして、働いて。毎日同じ事の繰り返しだけど、とても幸せ。彼の所に辿り着けて本当に良かった。
でも、NOLの中では、そうした場所を見つける事が出来ずに終わりそう。それでもいいかな、とは思っていますけど。そういう人生もあるのですから。原因は、この方が指摘したとおり私の厳格な性格と気難しさにありますし、ね。

このままとどまるのか、それとも風の向くまま気の向くままに今度は何処へ行こうか・・・と考えながら、暫しいろんなものを掘っていようと思います。

☆私のお宝リスト☆

木杭
↑の軍学侍さんが作ってくれたもの。耐久0になってますが、お宝です。他に3回入魂のお守りもあります。

防御力44・生命255で付与枠1空きの唐人笠兜
本願寺実装当初から居た鍛冶さん作です。
飛龍の章前までは素晴らしい出来の兜。しかし、大事にしすぎて使わないうちに、破天の章ではほぼ使えない装備と化してしまったのが非常に申し訳無い気分です。40代の修得では使えるとは思うのですが、既に育成すべき侍・鍛冶キャラが居ません。本当に残念です。

w-・生命240・耐久6の大薙刀
これは、笠兜を下さった方とは別の本願寺鍛冶さんが引退なさる時に頂いた物。耐久石を入れて鍛冶屋で使っています。

生命220・知力6・魅力1の鋼の額当
大薙刀と共に頂いた鋼の額当。飛龍当時は材料調達が困難だったので貴重品です。知力石を入れて僧か薬師に使わせる予定なのですが、どちらも全く誘われず牛歩の成長・・・。

防御力67・生命240の七条袈裟
先日アイテム引継ぎのためにわざわざ復活して下さった、一番古い知人様に頂いた物。2回入魂物ですが防御力が非常に高いのが魅力ですね。薬師が45歳くらいになったら、狩り用の生気装備にしようと思ってます。その日が来れば良いけど・・・。

生命200・魅力5の眼帯
とても親しかった尼僧さんがくれた眼帯。これも、材料調達が非常に困難なのに、神主のために作ってくれたもの。とても嬉しかった贈り物の一つで、今でも大切に持っています。付与枠1なので狩り装備には使えないけど、囮の時や、浴衣とあわせて街中で着用してます
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
どもも茸!
おいらも戦っていた理由はありますたよ(^~^)
もう信には存在しなくなった戦友のため、今いる友人や知人のためですかな。かっこよく言ってもたいしたことは出来ませんでしたが、記憶に残れる存在になれた様でそれだけで満足です。(・▽・

でもね、巣は用意されている物ではなく、自分で少しずつ作り上げる物と私は考えております。途中で壊れてもまた修復してしていく。それでもそこには完成しないかもしれない。ならば違う場所でまた頑張る。苦労や努力を続けていけば、例え不恰好でも巣は出来る。私にもできました(^~^私にとって「巣」とは人との繋がりでした。だれも知り合いなどいない世界で200人以上の知人や友人、同志と呼べる人達との出会いがあり幸せでした。

しまったΣ(´□`自分のブログに書ける様な内容だ(´ω`;
これからも見に来ます故、宜しく御願いします(・▽・)b
2007/11/26(Mon) 18:07 | URL  | 白菜 #-[ 編集]
>白菜様
巣に関しては同意ですが、上記に書いているとおり私の場合、
大好きだった友人がほぼ全員引退してしまって、もう誰もいないんですよ・・・。この人たちと何年もかけて築いてきたのと同じ
信頼関係を、一からまた作り上げるのは、NOLのシステム自体
に飽きてしまってる現状、かなりしんどいという事が判ってきました。
努力してるように見えなかったかもしれないけど、私なりに
努力していました。でも帰ってくるものがなにも無いとやっぱり萎えます・・・。私のやりかたがすべて、悪いんでしょうけどね;;
もともと、私はリーダーについていくのが好きなタイプですから、
自分から何か発案して実行するのは大の苦手です。また、目標が
無いと行動出来ないのも駄目な点かな。この人のために頑張るRP
とでも言いましょうか。そういう人がいないと駄目ですね、どうしても。
あと、第三者同士の争い事には、からきし耐性がありません。
ケンカ発生すると無条件で逃げる意気地なしです(汗)。

友人の人数も、心から尊敬できる人が数人いればいいだけで、百人なんて要らないかな・・・。人気者になるつもりも無いですしね。
リアルでも友人は選りすぐりしてますし、たくさん作っても
私には、その個々の人と関係を維持出来ないんです。

不思議と、私がこういう尊敬すべき知人を見つけるのは、昔から何故か敵対側の人が多いというのもあります。
同勢力内でも勿論いましたが。
朝倉家だったり、伊賀忍だったりと、殺し合ってる敵側なのが本当に不思議でした。
上杉家ではまだ、誰も見出してませんけどねw

2007/11/27(Tue) 13:55 | URL  | tama #i1AW65Uk[ 編集]
tamaたんは、がんばっちるさー(´∀`)
おいらは色々助けれておりました。
うちも愚痴とか悩みききますぜー(・▽・b


ついに来週からお仕事開始予定でし。
稼ぐぜ(-~-
2007/11/27(Tue) 15:48 | URL  | 白菜 #-[ 編集]
>白菜様
NOLでのモチベ維持は難しいねー(--;
NOL、いまは燃料切れな感じです。リアル趣味没頭気味なので
ぼちぼちやります。

仕事頑張ってね!!
2007/11/29(Thu) 11:05 | URL  | tama #i1AW65Uk[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。