日常生活起った徒然事を記録しています
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かっこいい!
2009年03月30日 (月) | 編集 |
玉山さんの景虎めちゃイケてますね!!もぉ、「景虎さま~★」って叫びながら観てますので、旦那様が居る時は、丸めた新聞紙で叩かれたりしています。だって、ちょーかっこいいんだもん、しょうがないじゃん・・・Orz
大河ドラマ「天地人」は、御館の乱終わったら、もうロクに観ないかもなーw
北村さんの景勝もシブかっこいいんですけど、ちょっと暗い印象があるというか、あまり笑わないですね・・・。と思ったら、史実の景勝も笑わない人物だったとウィキに書いてありました。そのへん意識して演技なさってるんでしょうか?

で、今読んでる本が・・・
漆の実のみのる国〈上〉 (文春文庫)漆の実のみのる国〈上〉 (文春文庫)
(2000/02)
藤沢 周平

商品詳細を見る

上杉つながりで買ってしまった本です。ミーハーなんです(*ノωノ)
まだ、上巻の半分くらいなので、これから若き上杉鷹山(治憲)の試行錯誤と苦難が始まる・・・といったトコロです。藤沢周平さんの絶筆となった本のせいか、鷹山一生というより、米沢藩の長い長い経済改革の歴史の、ほんの一部を描いているような・・・そんな長い時間のスパンを感じさせる描き方です。米沢は、学生の頃2回旅行で訪ねた事があるのですが、食べ物が美味しいし、綺麗な町です。それは、はるか昔の鷹山公の時代から現在まで、米沢の皆さんが積み上げてきた結果なのでしょうね。

藤沢さんの小説は両親がたくさん持っているので、この本も実家で探せばあったかも。

昼食とりながら書いてたので推敲せず、名前違ってたの気付かなかった;;Mちん、教えてくれてアリガトー><
スポンサーサイト
テーマ:TV
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。