日常生活起った徒然事を記録しています
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
団結の刻
2009年04月16日 (木) | 編集 |
今回のパッチ考案者って、現実世界で友達いるんでしょうか??と問いたくなる様ながっかりパッチww

・単アカ起動環境(契約は2アカ)
・神職と回復しかいません、アタッコ苦手でやりたくありません
・固定なし野良メインです
・基本週末プレイヤーです


・・・新パッチの恩恵はゼロですね(´・ω・`)
恩恵0ですが害悪は回復イジメ修正くらいなんで、個人的にはパッチなかったと思えばいい、くらいでしょうか。これで追加料金払え!と言われれば即課金止めますけど。

開発側は場の提供だけしてくれればいいんです。知人作りにシステムが介入し過ぎるのはどうかと。
というか、これ知人作りというより固定化促進にしかならないのでは?現在の固定なんて損得勘定抜きでも一緒に遊ぶから、別に特典無くても問題無いし・・・うーん(--;
こうした飴パッチは麻薬と同じでユーザーに甘えを生む部分が大きいので、一時的な効果は期待出来ると思います。が、楽するコトに慣れてしまったユーザーは、どんどん更なる効率を求め、無理な要求を出し続けるんじゃないのかな?そもそも、信におけるコミュニティ崩壊は、

・破天実装で空12狩り一極集中で、国許に帰らない人が増えた。現在も凶イザ・九州集中で状況かわらず
・争覇実装での合戦過疎化と九州の仕様によるユーザーの分断


これらが主原因だと思うのです。この2つを早期解決すれば、信もここまで過疎にならなかったでしょう。私設実装で若干は改善されていると思いますが。
しかし、団結の刻はエサでユーザーを釣る仕様です。新規でゲームを始めた人や、長期休養から復帰して知人の居ない人が数日で「本当の」知人を作れるものかどうか。

出会い・交流の場として、唯一成功しているのが上覧でしょう。対人戦そのものは大きな問題をはらんではいますが、所属国のみならず、サーバーを超えて交流が出来るのは大きく評価できるとおもいます。
ただ、上覧=徒党対人戦はスキルと装備面での敷居が非常に高いので、だれでも気軽に楽しめるコンテンツではなく、超上級者のコンテンツです。恩恵を受けている人(=コンテンツとして楽しんでいる人)は全体の1割程度でしょう。私も観戦オンリーですしね。それでも楽しいですが。
上覧以外に、新たな出会いの場がとうとう現れなかったのが残念です。

小手先の修正を加え延命ばかり繰り返しても、ユーザーはついてこないと思います。現在の信オンは単なる積みゲーなので、潜在や覚醒レベルを上げる事自体が楽しめる人か、上覧等大きな目標がある人ではないと、もはや続きませんよ。

信オンは東西戦終了時にサービス停止し、信オン2開発に全力を注いだ方が良い気がします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。